メンバー紹介

FCM訪問看護ステーションすみだのメンバーを紹介します

石井 徳雄  【代表・看護師】

こんにちは。代表・看護師の石井です。

福島県出身です。千葉県医療技術大学校卒業。精神科、整形外科、消化器外科、急性期病棟・ICUを経験。ターミナル、大腸がんなどの化学療法や、ストマケアなどを主に経験してきました。

東日本大震災直後福島での災害ボランティアを経て2015年に墨田区で医療処置対応可能な「デイサービスよのもり」を開設しました。

「よのもり」の運営を通じて地域での訪問看護の必要性を改めて認識し、2021年4月に「FCM訪問看護ステーションすみだ」を開設することになりました。

皆様のお役に立てるように邁進して参ります。

呉井 智昭 【管理者・看護師】

こんにちは。管理者・看護師の呉井です。

私は、これまで地域包括ケア病棟・救急外来などで勤務してきました。

病棟では退院後の生活を踏まえた看護や指導を行ない、情報共有のためケアマネージャーさんと連携などおこなっていましたが、正直なかなか在宅での生活が見えていませんでした。

研修の一環で訪問看護ステーションの同行訪問をさせていただいた際、退院された患者様の生活を見学することがありました。

訪問ケアを行う中で療養者様がご家族様と交わす何気ない会話は、私にとってはとても新鮮でご自宅という中でのケアに看護の本質を感じました。

住み慣れた我が家で生活したい、そんな皆様の思いをカタチにできるよう、精一杯サポート致します。

どんな些細なことでも遠慮なくご相談下さい。

清水 克志 【課長・理学療法士】

こんにちは。理学療法士の清水です。

福岡県福岡市出身です。これまで療法士として千葉の北総白井病院で5年間勤務し、急性期、回復期、維持期(ケアミックス)、外来、通所リハビリを行ってきました。その後(6年目に)FCM訪問看護ステーションすみだに入職しました。

今は、以前よりも早期に退院になってしまう時代です。

私も理学療法士という仕事を通して、患者さんの退院後の生活に対し、「何かお困りごとはないだろうか」、「もっとリハビリを継続すればもっと良い生活ができるのに・・・」など思うことがよくありました。

この度、患者様の幸せの一助になれればと思い、訪問リハビリへの道を決めました。

早期退院やご自宅での不安を感じておられる方に少しでもお力添えをし、より良い生活を送る為に僕たちができることを全力でサポートしていきたいと思っています。

仕事のやりがいを感じる時

ご利用者様からのお言葉一つひとつがやりがいとなっております。例えば「歩く距離が伸びて買い物にけるようになった」「お友達と出かけられるようになった」など病院の勤務では見れない所まで見えることが本当に嬉しく感じます。

またより生活に基づいた目標設定ができ、旅行に行く事や、買い物の際に歩行器が邪魔になるからシルバーカーで歩けるようになりたいなど目的が明確になり、達成に向けて一緒に試行錯誤する事にもやりがいを感じています。

ご利用者様、地域の方へのメッセージ

生活を送る上でお困りのことや「もう少し動くことができればな・・・」と思う事はありませんか?

これまでの経験を活かし理学療法士という視点からご利用者様がより生活の質を良くできるようにリハビリや運動などを通してサポートさせて頂きたいと思っています。

そしてより自分らしく、幸せな生活が送れるよう一緒に頑張っていきましょう。

これから一緒に働く方へのメッセージ

楽しく、やりがいを感じられるように一緒に楽しい職場を作っていきましょう!よろしくお願いします!

松本 真紀【看護師】

こんにちは。看護師の松本です。

出身は、愛媛県です。看護師としてこれまで脳外科、消化器外科、整形外科、耳鼻科、形成外科、泌尿器科、急性期病棟などを経験し、終末期医療にも関わってきました。

患者さんの退院後の生活が知りたいと思い、訪問看護の道を選びました。訪問看護は、自宅にいても病院にいるような看護を提供できることが素晴らしいと思います。

ご自宅で過ごすための力になれることは、とても看護師としてやりがいを感じます。これからもご利用者様がご自宅で安心して過ごしていただけるように頑張っていきたいと思います。

これから一緒に働く方へのメッセージ

訪問看護は、やりがいのある仕事です。一緒に楽しく働きましょう!

吉田 絵美【看護師】

看護師(パート)の吉田です。

東京都出身。聖和看護専門学校を卒業。

世田谷にある救急病院や、訪問看護ステーションで経験をしてきました。

子育てとパート勤務の両立ができるこの職場で頑張りたいです。

これまでの訪問看護の経験などを生かして、ご利用者様にサービスを提供させていただきます。

武藤 万莉【看護師】

こんにちは。看護師の武藤です。

群馬県出身です。これまで看護師としてICU。HCUで約2年半、医療脱毛の美容クリニックで1年勤務してきました。

美容クリニックからの転職の際、また医療の現場に戻りたいと思い、一人ひとりにじっくりと向き合える訪問看護に魅力を感じFCM訪問看護ステーションすみだを選びました。

訪問看護は、病院とは違い、ご利用者様、ご家族の個々に合わせた対応ができるため、まずは、お一人お一人をよく知ることを大事にしています。

訪問看護を通じて、ご利用者様、ご家族から「ありがとう」と言われた時は、本当に嬉しく感じます。これからもこの人に介入してもらえて良かったと思っていただけるように日々精進してまいります。

これからもよろしくお願いいたします。

現在、FCM訪問看護ステーションすみだでは、スタッフを募集しています。楽しく働けるように一緒に頑張りましょう!

佐藤 美帆【看護師】

こんにちは。看護師の佐藤です。
秋田県出身です。看護師としてこれまで総合病院、急性病棟(外科)で勤務してきました。

病棟で勤務している際、退院調整に関わる機会が多くありました。その中で訪問看護に興味を持ち、自分の知識や技術を活かしてご利用者様のサポートをしたいと思いました。

ご利用者様の思いを尊重した看護ができることが訪問看護の魅力だと思います。

何よりご利用者様の笑顔を見られた時や「ありがとう」と言われた時は、とても嬉しく感じます。

これからも安心・安全を提供できるように寄り添った看護をしていきます。

訪問看護は、初めてのことが多く不安もありますが先輩方のフォローに支えられながら楽しく笑顔で頑張っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

島谷 咲輝【看護師】

こんにちは、看護師の島谷です。

千葉県出身です。これまで大学病院で3年間勤務してきました。

学生の頃、実習で一番楽しかった、一人ひとりにゆっくり向き合える看護をしたいと思い、訪問看護の道を選びました。

未経験の分野ですが、地域で暮らす方々が安心できるような看護を提供していきたいです。

「ありがとう、また来てね」と言って頂いたときとても嬉しく感じます。少しでも皆さまのお役に立てるように頑張ります。

よろしくお願いします。

これから一緒に働く方へのメッセージ

まだまだ分からないことが多いですが、職場の皆さんに助けていただきながら楽しく働いています。

一緒に訪問看護をやりましょう!

森田 禎至【看護師】

こんにちは、看護師の森田です。

愛知県出身です。これまで内科病棟、耳鼻咽喉・頭顎部外科で勤務してきました。

ご自宅で看取り希望だった患者さんを病院でお看取りしたことで在宅で過ごす方へのご支援をしたいと思ったのが訪問看護を選んだきっかけです。

ご利用者様がご自宅で安心して過ごせ、その方の望む人生を送っていただける手助けをしていきたいと思います。

ご利用者様が笑顔で出迎えてくださり「ありがとう」と言ってくださった時、とても仕事のやりがいを感じます。

これからも安心して過ごしていただけるよう、日々取り組んでいきます。よろしくお願いします。

これから一緒に働く方へのメッセージ

わからない事が多く、ご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、精一杯頑張っていきたいと思います。

宜しくお願いします。

田中 桃子【看護師】

こんにちは、看護師の田中です。

東京都墨田区出身です。新卒から6年間は、急性期病院にて臨床の看護を学び、その後はコロナホテル療養や保険所感染症対策課での疫学調査、沖縄応援ナースなど色々な経験を積んで参りました。

病院では多重業務に追われることが多く「もう少し患者さんとゆっくり話ができたら…」そう毎日もやもやした思いを抱えながら働いている違和感があったことが訪問看護師になろうと思ってきっかけです。

訪問させて頂いた時、ご利用者様やご家族の笑顔が少しでも増えたり、安心できると思ってもらえる関わりをしてきたいと思っています。

生まれ育った街で訪問看護師として働かせたいただいていることがとても嬉しいです。地域の皆さまに安心して過ごしていただけるよう日々精進していきます。

どうぞよろしくお願いします。

これから一緒に働く方へのメッセージ

訪問看護に挑戦するのは、初めてなのでご迷惑をおかけしてしまうことも多々あると思いますが、戦力になれるよう努力していきます。

これからよろしくお願い致します。

神戸 美咲【看護師】

こんにちは。看護師の神戸です。

群馬県出身です。看護師の親戚に憧れ、小さい頃から人の役に立てる仕事をしたいと思っていまいた。

これまで看護師として循環器内科、心臓血管外科病棟、リハビリテーション病棟で勤務し、その後、訪問看護ステーションで2年間働いてきました。

訪問看護を通してご利用者様より感謝の言葉を頂いた時や自分の看護でご利用者様が少しでも安楽になった時には、とてもやりがいを感じます。

これからもご利用者様がその人らしく安全、安楽に暮らせるようにご支援していきたいと思います。

また、今までの看護師としての経験を生かしつつ、地域の皆様に貢献できるよう日々精進し努めて参ります。

これから一緒に働く方へのメッセージ

田舎から出てきて道や土地勘もなく、日々先輩方にフォローしていただきながら仕事しています。

訪問看護に興味のある方は、是非一緒にFCMで働いてみませんか?

藤田 一司 【看護師】

こんにちは。看護師の藤田です。

出身は栃木県です。これまで看護師として国立病院機構村山医療センターにて地域包括ケア病棟、脊髄損傷専門病棟で勤務してきました。

看護師としてのキャリアを病院以外の場所で活かせないかと常々考えていました。

今後日本の高齢化が進む中で、訪問看護師であればより多くの方の役に立てるのではないかという思いから訪問看護を志しました。

仕事のやりがいを感じる時

患者様から感謝の言葉をいただいたとき。

ご利用者様、地域の方へのメッセージ

東京に住むのは初めてです、わからないことばかりのため色々な事を教えて下さい。

今後私は看護師として地域の皆様の健康を支えていきたいと思っております。

一日も早く皆様のお役に立てるよう全力で職務に取り組んでいきたいと思います。

これから一緒に働く方へのメッセージ

ふたばケアメディカルに入社できたことを大変嬉しく思っております。

皆様にご迷惑おかけすること数多くあると思います。日々精進し早く皆様の力になれるよう努力していく所存です。

五十嵐 由起 【主任・理学療法士】

こんにちは。理学療法士の五十嵐です。

出身は、千葉県銚子市です。

これまで総合病院で急性期、回復期、維持期のリハビリテーションを経験してきました。

私が訪問リハビリの道を選んだのは、病院だけでなく退院した後の生活まで患者様と関わっていきたいと思ったこと、そして入院しなくても良いように予防的な支援もしていきたいと思ったからです。

ご利用者様から「リハビリして良かったよ」と感じていただけるようそれぞれの目標に向けて一緒にリハビリを行い、QOLを向上していきたいと思います。

生活に寄り添ったリハビリを楽しく提供していけるように頑張りますのでよろしくお願いします。

現在、FCM訪問看護ステーションすみだでは、スタッフを募集しています。訪問リハの経験がなかった私にも一から教えてくれる優しくて明るい職場です。

在宅リハに興味のある方は、お気軽にお問合せください。

神谷 彩香 【理学療法士】

こんにちは。理学療法士の神谷です。

石川県出身です。療法士として回復期病棟と訪問看護ステーションで働いて来ました。

私が訪問リハの道を選んだのは、在宅でのリハビリに興味があったからです。ご利用者様に寄り添い、ご利用者様の出来ることが増えた時には、とてもやりがいを感じます。

これからも住み慣れた地域での暮らしを継続できるように関わっていきたいと思います。

一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

内村 和寛 【理学療法士】

こんにちは、理学療法士の内村です。

鹿児島県出身です。これまで理学療法士として介護老人保健施設(入所、通所)、総合病院(急性期、地域包括ケア病棟、外来リハビリ)で働いてきました。

みなさんの住み慣れた地域で自分らしい生活をいつまでも送ることができるようになるため、何かひとつでも力になりたいと思い訪問リハの道を選びました。

ケガをする、病気になることは、どうしようもない時もありますが、予防できることもあると思います。安全に安心して日常生活を送っていただけるようにご利用者様と関わっていきたいと思います。

「自分でトイレに行きたい」「買い物や旅行に行きたい」など、みなさんの思いに対して一緒に目標を立てて少しでも力になれた時の「ありがとう」などのお言葉や素敵な笑顔を見られた時にとてもやりがいを感じます。

ケガをしたから…歳をとったから…と日常生活で諦めていることなどはありませんか?

どんな小さなことでも力になれることがあるかもしれません。お気軽にお話しください。

これから一緒に働く方へのメッセージ

ご利用者様や地域の方々だけでなく、従業員に対しても親切、丁寧に関わってくれる職場です。

訪問リハビリに少しでも興味がある方は、ぜひお問合せください。

小林 雅典 【理学療法士】


こんにちは、理学療法士の小林です。

長野県出身です。これまで理学療法士として回復期病棟に1年半、訪問リハビリに約1年携わってきました。

訪問リハビリに興味を持ったのは、利用者様の実際の生活に対して、本当に必要なことに注目してリハビリを提供したいと思ったからです。

入院中だと、なかなかイメージしにくかった実際の生活場面でおうちに帰った後になって初めて気付くことも多くあると思います。

そういった時に訪問看護が少しでも助けになればと思います。

利用者様が笑顔になられた時、すこしずつ、目標に向かって進んでいると感じられた時には、とても仕事のやりがいを感じます。

「もう少し、これができればなあ」など生活の幅を広げたいと感じた時にお気軽にご相談ください。諦めかけていたことに対しても一緒に考えていけたらと思います。

これから一緒に働く方へのメッセージ

ブランクもあり、色々とご迷惑をかけるかもしれませんが、よろしくお願いします。

北川 太紀【看護部長】

こんにちは。看護部長の北川です。

埼玉県出身です。ご挨拶を兼ねて、私のこれまでの経歴を簡単にご紹介させていただきます。

最初は、介護者として都内の一般病院で勤務、そこでは、看護助手的業務を経験しました。その後看護学校卒業し、看護師資格を取得しました。

看護師として都内一般総合病院外科(一般外科、整形外科、泌尿器科)病棟2年勤務した後に千葉県の一般総合病院救急外来勤務しました。(救急車の受け入れ、内視鏡検査の介助業務)

ふたばケアメディカルでの勤務のきっかけ

病院や施設内での業務以外に、個人として看護業務以外でも資格を生かした働き方を模索していました。

既に代表がデイサービス「よのもり」を経営していて、訪問看護ステーションなどの事業所運営など会社としての将来的な展開も考えていることを知って、勉強させていただく気持ちで入職して、現在に至ります。

現在の仕事の内容

デイサービスよのもりの看護部長をしております。

デイサービスの事業運営にかかわる業務、ご利用者様、ご家族様、担当ケアマネージャーとの連絡調整、契約にかかわる業務、各種計画書の作成、他従業員の業務管理をおこなっております。

仕事の面白さ・やりがいを感じるとき

病院業務とは違い、医師からのオーダーを待つイメージとは違って、自分主体で、ご利用者様のデイサービス内でのサービスを計画したりするところに面白みを感じます。

また、通所したくても出来ない状況を、ケアマネージャーや関連するサービス事業所とやりとりをして通所に至ったりするところにやりがいを感じます。

仕事をしていて嬉しかったこと、印象深かったこと

癌末期の方のご利用を調整して、1回のみのご利用となりましたが、ご本人様の外出の機会を設ける事に携われたこと。

ご本人様と自宅で介護をされている奥様から「回数でなくて、外出出来るなんて思わなかった。」とお言葉をいただいた時でしょうか。

あと、アルコール依存症のご利用者様で、人工肛門増設されていて近所の銭湯での入浴を断られてしまったというご利用者様が、よのもりへ通所され、通所の度に入浴され、ご本人様から「有難う」のお言葉をいただいたことは、とても印象に残っています。

ちなみにその方は、禁酒も継続されていて、依存症の症状も軽快されてきています。

今後の目標

弊社は将来的には他の医療、介護福祉事業にも携わっていく可能性もあります。

その為、現在の通所介護事業所と訪問看護ステーションの運営、業務に出来るだけ携わり、自分自身が医療介護福祉業界において出来る事を増やして、個人としても将来の可能性を少しでも拡げていきたいと考えております。

金井 美穂 【事務】

こんにちは。事務の金井です。

千葉県出身です。ご縁をいただき、この度FCM訪問看護ステーションすみだに入職することとなりました。

医療、看護の業界に携わるのは初めてですが、在宅医療という、これから最も必要とされる分野で学びながら、直接訪問するスタッフさんをサポートする役割を担い、責任とやりがいを感じながら働きたいです。

ご利用者様と直接お会いする機会はなかなかありませんが、ご利用者様、ご家族様が安心して穏やかに在宅生活が送れ、笑顔になれるお手伝いが出来たら幸いです。

「思いやり」の気持ちを忘れずに頑張ります。

お気軽にお問い合わせください。03-6657-0603受付時間8:30~17:30 [ 年中無休365日対応 ]

お問い合わせ